点検・メンテナンス業務の効率化サービス

現場の見える化で
新しい業務プロセスへ

Canvasなら現場の作業報告や写真をクラウドで一元管理。
点検・メンテナンス業務の現場を効率化。

点検・メンテナンス業務の
現場管理でこのような
お悩みありませんか?

遠隔から状況を把握したい

  • 現場へ向かう車両の位置を把握したい
  • 作業状況をリアルタイムに把握したい
  • 現場作業員へ遠隔で指示を出したい

現場の写真を整理したい

  • 現場写真をクラウドで一元管理したい
  • 写真整理にかかる時間を削減したい
  • 関係者に写真を簡単に共有したい

現場の働き方改革を推進したい

  • 現場に行かなくても良いようにしたい
  • 報告書作成の手間と時間を減らしたい
  • 紙での管理を減らしたい

協力会社とスムーズに連携したい

  • 依頼作業の進捗を瞬時に知りたい
  • 現場への到着時間を把握し準備したい
  • 協力会社への情報共有に時間が掛かる

Canvas(キャンバス)なら現場管理がもっとスマートに

Canvas(キャンバス)とは?

Canvasは、現場作業員の作業ステータス、撮影した写真、人や車両の位置情報といった様々な現場データをクラウド上で一元管理し、点検・メンテナンス業務を効率化するクラウドサービスです。直感的で使いやすい機能で現場のデジタル化を支援し、現場の新しい働き方を創り出します。

Canvas(キャンバス)でできること

作業ステータス管理

現場作業員のスマートフォンから作業ステータスを簡単に記録。リアルタイム性の高い情報共有が可能になります。

写真管理

現場で撮影した写真をアップロードし、クラウドで一括管理。作業ステータスに合わせて自動的に整理されます。

位置情報管理

GPSで車両や人の位置情報を見える化。マップ上で、誰が、どこで、何をしているかが瞬時に把握できます。

通知管理

作業ステータスの更新時や現場への発着時など、あらゆる変化を検知し、任意のユーザーへ自動で通知します。

外部共有

外部共有用のURLが発行でき、作業ステータスや現場写真などを関係者に簡単に共有できます。

プレイス管理

現場や業務で訪問する場所のデータをプレイスとして一元管理。基本情報に加え写真や作業履歴を残す事も可能です。

外部サービス連携

Webhook機能により、外部サービスや指定のシステムへの通知連携が可能です。

Canvas(キャンバス)3つの強み

POINT.01

直感的な操作性で使いやすい

Canvasは、ITに不慣れな方でもスマートフォンやタブレットで直感的に作業記録が可能です。クラウドに送信された、作業ステータスや写真、位置情報などの現場データは、マップ画面、パネル画面、リスト画面など様々なビューで分かりやすく確認できます。

POINT.02

システム開発不要でスモールスタート

Canvasは、システム開発不要で始められるクラウドサービスです。月々定額で提供するサブスクリプション型サービスなので、システム導入時に課題となりがちな初期投資を大幅に削減し、必要な数だけで始められます。

POINT.03

IoTセンサーに対応する拡張性

当社が標準提供しているGPSセンサーの他にも、様々なIoTセンサーと繋ぎ込みが可能な拡張性の高いIoTプラットフォームになっています。業務のデジタル化に加え、その先の予兆保全やデータ解析にも繋げられるサービスです。

お気軽にお問い合わせください

不明点やご相談、デモの依頼なども
お気軽にお問い合わせください